年金基金・退職金制度ご担当者を対象とするプレミア イベント

今年のシンポジウムは202411月に東京にて開催を予定

参加登録の詳細とアジェンダは近日中にお知らせします。

2024グローバル・フィデューシャリー・シンポジウム は、世界秩序の急速な変化の認識をテーマとしています。このような変化にいかに適応し、不確実性の中でいかに成功を掴んでいくかについて議論を行います。また、確かに課題がある一方で、成長と発展の機会があることも認識しています。投資家がこれほど大規模な地政学的、経済的、社会的変化の収束を考慮しなければならなくなったのは、ほぼ100年ぶりのことです。日本の年金基金・退職金制度にとって、このような大きなテーマ転換は何を意味するのでしょうか。また、リスクを管理し、目の前の機会を活かすために、世界各国の投資家から何を学べるでしょうか。金利リスク、インフレーション、高齢化の3つは大きな課題ですが、他方で、気候・エネルギー転換、インフラストラクチャー、インフレヘッジの実物資産、投資テクノロジーの利用拡大など、投資分散化とアルファの獲得に向けた前例のない投資機会をもたらしています。

2024年シンポジウム概要

2024年初頭のほとんどの先進国経済がインフレで苦戦し、投資家が金融政策の変更に対応すべく軸足を移している中、日本はアジア地域で最も重要なリーダーとして、また世界の舞台で安定力として、その強さと回復力を示しています。今年、東京で開催される第18回グローバル・フィデューシャリー・シンポジウム(旧名称:グローバル・ペンション・シンポジウム)には、日本で最も重要な年金基金・退職金のご担当者と、フィデューシャリーおよび年金資産運用を担当するグローバルなエグゼクティブが一堂に会し、日本および世界における投資リスクとリターンの管理や、日本の年金改革について議論します。

グローバル・フィデューシャリー・シンポジウムは2024年11月11日~13日に東京で開催されます。シンポジウム初日には、日本の確定拠出型年金(DC)の拡大に焦点を当て、退職年金制度をリードする日本内外からのゲストスピーカーにご登壇いただきます。12〜13日の2日間については、確定給付型年金(DB)に関する最新の投資、ガバナンス、規制の動向について議論します。

GFSのミッションは、2024年グローバル・フィデューシャリー・シンポジウムを通じて、年金業界のリーダーたちがライブで一堂に会することにより、コミュニケーションを促進し、情報透明性を確保しつつ、アセットオーナー、ひいては受益者の皆様の発展に資することです。

2024年のアジェンダは近日中にお知らせします。

現在、来たる2024年グローバル・フィデューシャリー・シンポジウムのタイムリーかつ適切なアジェンダを作成しております。

アジェンダのトピック、講演者、新たに発足した2024年アドバイザリー・カウンシル・メンバーの詳細については近日中にお知らせします。

昨年のアジェンダは以下のリンクからご覧いただけます:

同シンポジウムでの講演機会に関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。

プログラム・ディレクター 池田三千代|michiyo@globalfiduciarysymposium.com|+1 347 330 5482

参加登録

2024 グローバル・フィデューシャリー・シンポジウムの参加登録は4月に開始されます。

カンファレンス無料参加資格は以下の通りです。

  • 企業年金基金およびプラン・スポンサー、公的年金基金、確定拠出年金(DC)のご担当者
  • 商業銀行および保険会社の自己勘定投資部門のご担当者(信託銀行、投資顧問、ブローカー・ディーラーを除く)
  • 大学基金や財団、ソブリンウェルスファンドなど、自己勘定の投資ファンドを持つ投資家のご担当者

参加登録リクエストは主催の方で個別に確認いたします。グローバル・フィデューシャリー・シンポジウムは、参加資格を満たしていない登録を拒否する権利を有します。

スポンサーシップにご興味のある企業様へ

グローバル・フィデューシャリー・シンポジウムは、日本のアセットオーナーやその最終受益者のために、価値あるアイデアを提供し、複雑な投資テーマを簡潔に示すことのできる皆様のような一流の資産運用会社に支えられています。GFSはパートナー各社と協力し、アセット・オーナーがリスクとリターンを管理するために活用できる最新の投資戦略と実践的なソリューションを共有することをお約束します。今年で18年目を迎えるグローバル・フィデューシャリー・シンポジウムは、この種の会議としては日本のみならず世界で最重要な会議の一角として認知されています。GFSのスポンサーになることで、アクセスが困難であり、かつ貴重な参加者の皆様と直接アクセスすることができます。

2024年の日本の年金基金・退職金業界の未来に関する活発な議論に是非とも、ご参加ください。

スポンサーシップの詳細と参加資格についてはご照会ください。

スポンサーシップ枠は残り僅かです。

スポンサーシップの詳細と特典を記載した提案書をご希望の方は、以下までご連絡ください。

グローバル・フィデューシャリー・シンポジウム代表、クリス・J・バタリア
chris@globalfiduciarysymposium.com  | + 1 917 239 6497 (US)

グローバル・フィデューシャリー・シンポジウムの過去のスポンサー

カンファレンス会場

ザ・リッツ・カールトン東京

東京・六本木の東京ミッドタウンに位置し、日本の美意識と

洗練されたラグジュアリーが融合するザ・リッツ・カールトン東京。

美しい自然に囲まれた都会のオアシス、

檜町公園を望むテラスを有するグランドボールルーム。

ザ・リッツカールトン東京ウェブサイト

Days Until Global Fiduciary Symposium

Day(s)

:

Hour(s)

:

Minute(s)

:

Second(s)