DCプログラム

発表資料をご覧になる場合は こちら.※資料公開の承認をいただいているスピーカーに限り資料を公開させていただいております。
※ダウンロード不可
(公開期限:2024年 1月22日(月))

ご参加対象者について

第17回グローバル・フィデューシャリー・シンポジウムは、退職年金基金のご担当者、給付担当マネージャー、拡大する日本のDC市場にご関心を寄せる業界ご担当者を対象に、DC(確定拠出年金)の最新課題に関するプレカンファレンス・セッションを開催します。 同セッションは、日本、米国、英国、欧州、その他先進国市場のDCに関する最新情報をご提供することを目的としています。 DCプランの運用・管理における日本や世界のリーダーから、ベストプラクティスや最新情報を学ぶことができる重要なセッションですので、是非ご参加ください。

11月13日(月)

1:00 pm -1:10pm

開会のご挨拶

Chris J Battaglia グローバル・フィデューシャリー・シンポジウム 社長

1:10 pm – 1:40 pm

開会のDC基調講演 | 社会保障改革と日本社会の課題-新人口推計を手がかりに

駒村康平 慶應義塾大学 経済学部 教授

1:40 pm – 2:20 pm

DC基調講演 1 | 米国におけるDCをめぐる最新の動き(Secure 2.0など)と将来

本セッションでは、DCプランの役割の進化と拡大について理解を深める。グローバルな傾向として、雇用主は、退職貯蓄の管理ウェイトを従業員にシフトさせている。DCプランは貯蓄手段の選択肢として定着しているが、制度の仕組みは市場によって異なる。 本セッションでは、「DCプランの重要性とグローバルな拡大」「 制度設計・ガバナンス・投資ストラクチャーについてのリサーチや考察」「最新のアメリカにおける規制変更とDCプランの役割拡大」 についてご説明し、今後の課題と投資手段としてのDCプランについて述べて本セッションを締めくくる。

Stacy Schaus CFA 創業者兼CEO Schaus Group LLC

2:20 pm – 3:00 pm

DC対談 | DCプランの投資選択、加入者とのエンゲージメント

マイクロソフトは世界最大企業の一角であり、従業員のDCプランも世界最大規模の一 つである。本対談を通して、マイクロソフト・グローバル・ベネフィット・マネージャ ーより、マイクロソフトがどのようにプラン加入者の教育、エンゲージメント、コミュ ニケーション、そして16万人の加入者に提供する革新的な投資ラインナップを管理し ているかについて直接ご説明する。

Brandon Diersch マイクロソフト グローバル・ファイナンシャル・ベネフィット・マネジャー

Chris J Battaglia グローバル・フィデューシャリー・シンポジウム 社長

3:00pm – 3:30pm

ネットワーキング・ブレイク&リフレッシュメント

3:30 pm – 4:00 pm

DC基調講演 2 | 我が国の私的年金制度の動向と見直しに向けた視点

海老敬子 厚生労働省 年金局 企業年金・個人年金課長

4:00 pm – 5:00 pm

DC パネル 1 | DCガバナンスと事業主の商品選定における責務

企業型 DC は従業員の老後の資産形成のため自己責任で投資を行う制度だが、事業主の制度運営 (商品選定、投資教育など)が従業員の投資行動に大きな影響を与える。それゆえに、事業主の制度 運営上の責任は大きいと言える。本パネルでは、DC ガバナンスと事業主が従業員に提供する商品 の選定に関する責務に焦点を当てる。特に投資信託の隠れたコストや望むべき運営管理機関と事業 主の関係について、選定を行う事業主の皆様と投資信託の運用会社を交えて議論する。

木村雅美 花王グループ 企業年金基金事務長 兼 花王株式会社人財戦略部門組織企画部

玉木学爾 パナソニックオペレーショナルエクセレンス株式会社 企業年金室 資産運用課 主幹

上崎勲 野村アセットマネジメント シニア・インベストメント・オフィサー

モデレーター: 木須貴司 野村フィデューシャリー・リサーチ&コンサルティング株式会社 フィデューシャリー・マネジメント部 シニアコンサルタント

5:00 pm – 6:00 pm

DCパネル 2 | 職場を通じたファイナンシャル・ウェルネスの重要性と追求

大江加代 特定非営利活動法人確定拠出年金教育協会 理事兼主任研究員

永島武偉 マーサージャパン株式会社 ウェルスコンサルティング

横田健一 株式会社ウェルスペント 代表取締役

モデレーター: 野村亜紀子 野村資本市場研究所 研究部長

6:00 pm – 6:10 pm

翌日メインプログラムのご紹介

Chris J Battaglia グローバル・フィデューシャリー・シンポジウム 社長